認め印は何本でも

実印イメージ

認め印は何本持っててもいいし、むしろ何本か持っておいたほうがいいので、そう考えるとプレゼントに印鑑を贈るっていうのもいいかもしれないですね。
どう使うかはもらった人次第だし。

勝手がわからないうちは、若い子だとプレゼントに印鑑ってなんか重いって思うかもしれないですけど(笑)
でもきっと後々助かるときが来ますよね。

銀行も家賃引き落としと給料振込で別々の銀行を指定されたりとかするし、銀行印も余裕があれば何本かあるといいですね。

実印も銀行印も、大事なのは素材が印鑑に向いてることと、自分以外の人が持ってないっていうことです。

印鑑に向いてる素材っていうのは、長く使っても割れたり欠けたり文字が途切れたりしづらい強くて頑丈な素材です。

自分以外が持ってないっていうのは案外簡単にクリアできる条件で、機械じゃなくて手で彫ってもらえば必ず世界でひとつだけの印鑑になるので、それだけで大丈夫です。

ネットが見られる環境の人はいろいろなはんこ屋さんのショップのサイトを巡ってみるといいですよ。
だいたいの値段も分かるし、実印とか銀行印に向いてる素材とかも分かります。
字の感じも何種類か選べるので、そういうのでも自分だけの印鑑っぽくなっていきます。

そういえば実印だけは一本しか持てないので、実印用に買うのは一本だけでいいです。
印鑑登録っていうのをしなくちゃいけないんですけど、身分証明書と実印にしたい印鑑だけ持っていけばできるので、難しいことはないです。

ただ住民票があるところの役所でないと手続きできないので、学生さんとかで住民票は実家のままの場合は、故郷の役所ですることになりますね。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<丸三タカギの>オリジナル表札

低価格で高品質なハンコヤドットコム表札館

80種類以上の多彩なデザインからサイズを選べるので、住まいの雰囲気に合わせた表札をお探しの方にはオススメのサイトです。
お急ぎの方には嬉しいスピード納品も可能です。

ページの先頭へ